女子アナjournal

女子アナウンサーのトレンドサイト

冠番組やMC初挑戦!2017年の新人アナがいろいろ活躍し始めてる

   

・毎年、新人アナウンサーが採用されるテレビ局

一般的に局アナウンサー(略称:局アナ)と呼ばれることが多い放送局に所属するアナウンサー

テレビのキー局(日本テレビ放送網・テレビ朝日・TBSテレビ・テレビ東京・フジテレビジョン)とNHKでは、ほぼ毎年新卒を対象としたアナウンサー職採用試験が実施

キー局とされる東京のテレビ局1局あたりの受験者は約4000~8000名。毎年3~5名を採用する

・初鳴きと呼ばれる研修後のデビューが注目される

新人といえば、毎年テレビ局では新人のアナウンサーが初々しい姿を見せてくれます

テレビの世界では新人アナウンサーが初めてカメラの前に座り、ニュース原稿を読むことを“初鳴き”と呼ぶ

“初鳴き”というのは、アナウンサーが初めて放送に出る時の業界用語。ウグイスが初めて鳴く時のように、大抵うまくはいきませんが、後々まで「初鳴きは~~だった」と言われ注目される放送

・が、2017年は早くも冠番組を担当しMC初挑戦するなど新人アナの活躍が注目されているよう

▼フジテレビの久慈暁子アナ

フジ新人アナの登竜門「パン」シリーズ23年ぶり復活!「クジパン」初回ゲストはカトパン(スポーツ報知) dlvr.it/PQH1lM pic.twitter.com/JROMb6sNVf

フジテレビの新人・久慈暁子アナウンサーが、7月3日スタートの同局系の冠番組「クジパン」で初司会を務めることが6月26日、発表された

久慈アナは青山学院大学在学中にスカウトされ、芸能界入りし、ファッション誌「non-no」の専属モデルとして活躍していた経歴がある正真正銘の才色兼備。ポストカトパンに最も近い女子アナと言われていたが、このたび新番組のタイトル通り、「クジパン」という愛称がついた

フジテレビの人気女子アナウンサーを育ててきた「○○パン」シリーズの“10代目”に抜擢。高島彩(アヤパン)、生野陽子(ショーパン)ら歴代アナが、新人1年目の10月に同番組をスタートさせたのに対し、久慈は研修を終えたばかりのタイミングで番組を開始する。異例のスピードで看板番組に大抜てき

ネットユーザーから「マジで美人」「超かわいい」といった内容のコメントが続出している彼女は、入社3カ月にして初の冠番組、その名も『クジパン』のメインMCを務めることが決定した

▼日本テレビの後呂有紗アナと佐藤梨那アナ

【女子アナ】佐藤梨那&後呂有紗、日本テレビ新人アナウンサーが『超☆汐留パラダイス!』で公の場初登場! shop1.tokyo/aso/2017/07/23… pic.twitter.com/6jyLM7rCzZ

日本テレビの新人アナウンサー・後呂有紗、佐藤梨那が7月21日、都内で行われた同局夏のイベント『超汐留パラダイス』キックオフイベントに参加し、公のイベント初登場

2人とも公の場のイベントは初めて。佐藤アナは「私のことはぜひともサトリナと覚えてください」とアピール。後呂アナは「朝の情報番組で、明るい笑顔を届けられるアナウンサーになりたい」と抱負を語った

すでに週末のスポーツ番組『Going! Sports&News』に出演する佐藤アナは「1時間があっという間に過ぎていって上田(晋也)さんとか亀梨(和也)さんとか掛け合いがすごく楽しいです」と充実の表情

情報番組志望の後呂アナは、3歳から20年間、クラシックバレエに打ち込んだ。「感動や喜びを伝えられるようになりたい。“伸びしろ有紗”で、頑張ります」と笑顔を見せた

▼TBSの喜入友浩アナ、山形純菜アナ、山本里菜アナ

TBSの新人アナウンサーの喜入友浩、山形純菜、山本里菜が7月14日、東京・赤坂サカスで行われた「デリシャカス2017」のプレオープンイベントに出席し、公の場で“初仕事”を行った

青を基調とした涼しげな衣装で登場。東大野球部で捕手だった喜入アナは「16年間野球をやっていました。これからはバットをマイクに持ち替えて、時に熱く、時に冷静に頑張りたい」とあいさつ

山本アナは「小さい時から体を動かすことが好きで、中学・高校とダンス部でした。小柄ではありますが、気力と体力は自信があります」と笑顔

昨年の「ミス・インターナショナル」日本代表の山形アナは、学生時代に管理栄養士の資格を取ったが「お菓子作りのように、丁寧に分量を量るものは苦手」と、おおざっぱな一面で会場を笑わせた

▼テレビ朝日の林美桜アナと三谷紬アナ

 - Uncategorized