女子アナjournal

女子アナウンサーのトレンドサイト

豊洲移転やSMAP問題にも…フジ三田友梨佳アナが鋭い意見を連発してた

   

・フジテレビの人気アナウンサーの三田友梨佳アナ

フジテレビの女子アナで「ミタパン」の愛称で呼ばれる三田友梨佳アナウンサー(30)

三田アナは、入社翌年の2012年1月に、新人アナの登竜門番組「-パン」シリーズの7代目に就任し、以来、ミタパンの愛称で人気者に

12年8月にはCD「恋のミタパン」を発売するなど、フジテレビ看板アナの1人。明るく爽やかな印象だが、同局内では、しっかり者として信頼されている

・現在は、「直撃LIVE グッディ!」を担当

【今日のグッディ報告】
きょう5月23日はキスの日 そして三田アナウンサー30歳の誕生日です!
記事はコチラ⇒blog.fujitv.co.jp/goody/E2017052…
#キスの日 #三田友梨佳 #fujitv pic.twitter.com/kzfwrWqqQs

長年フジテレビの報道キャスターとして活躍してきた安藤優子と俳優の高橋克実をメインMC据えた「直撃LIVE グッディ!」は、フジテレビの威信をかけて午後2時からスタートさせた情報番組

2015年春から始まった平日昼の情報番組「直撃LIVEグッディ!」でMCの安藤優子と高橋克実のサポート役として出演している

・その三田アナ、番組でさまざまな問題に鋭い意見を連発している

▼豊洲移転問題

2017年6月20日放送の「バイキング」(フジテレビ系)で、豊洲移転問題をめぐり新たに浮上した案に「八方美人策」だという批判が飛び出した

東京都の小池百合子知事は20日、臨時記者会見を開き、築地市場を豊洲市場に移転したうえで築地跡地は再開発する方針を正式に表明した。土壌汚染の懸念がある豊洲では汚染対策を進める考えを強調。築地は5年後をメドに再開発し、市場機能を持つ食文化の拠点などとして活用する

番組では次番組の「直撃LIVE グッディ!」(同)の出演者らとのクロストークで、新たな案が浮上した豊洲移転問題が話題に。この案に番組MCの坂上忍は驚いたようで、「なるほど!豊洲に行きたかった派、築地に残りたかった派、両方の顔色をうかがった形なんですか?」と言葉を選びながら質問する

するとすかさず安藤が「ミタパンの名言なんですが『これは八方美人策だ』と」と、三田友梨佳アナの発言を暴露したのだった。三田アナ本人が慌てふためく中、坂上も感心し「あー、僕は気を遣って言ったんですが、ミタパン結構すごいこといいますね!」「でもおっしゃるとおりだと思います」と賛同していた

『八方美人策』と三田アナが言ったそうだが、これは 『八方塞がり策』では。

豊洲移転問題の新案に三田友梨佳アナが痛烈批判 安藤優子が暴露 #ldnews news.livedoor.com/article/detail…

▼元SMAPメンバーの事務所退所

6月19日放送の「直撃LIVE グッディ!」で、三田アナが元SMAPメンバーの去就をめぐってスポーツ紙の表記に反論した

昨年末で解散したSMAPの稲垣吾郎、草ナギ剛、香取慎吾の3人が、2017年9月8日をもって契約期間満了によりジャニーズ事務所を退所することが6月18日、発表された

番組では、スポーツ紙がメンバーの関係性を「昨年1月・分裂騒動時」「昨年8月SMAP解散時」「現在」の3つの時期に分けて説明している相関図を紹介。当初から発生したメンバー間の不信感や確執の変遷をたどりながら、現在でもその禍根を残していると解説された

このグループ間の溝が伝えられると、三田アナが口を開き、中居正広が自身の番組内でメンバーの逸話を披露したほか、他番組でメンバーと共演を果たした際の嬉々とした様子を指摘する。その上で紙面に表記された「確執」「(メンバー同士の)距離感」という言葉に対して「違和感」を抱いてしまうと唱えた

SMAPファンでもある三田アナ。 『グッディ!』で憶測な記事を報道する中、SMAPをよく知る三田アナだけは、これまでも報道に流されず独自の発言をしていて、 SMAPファンからも好感度が高い

フジテレビ最後の良心三田アナは、SMAPのことばかりじゃなくて
他のタレントさんの時もおかしいことはおかしいって言うよね。
えらいわ

▼バイオリニストの葉加瀬太郎さんの路チュー

5月18日の「グッディ!」では「バイオリニストの葉加瀬太郎が一部週刊誌に年上女性との“路チュー”を報じられたことについて、「キスに軽いも重いもない」と私見を交えてとがめた三田アナ

「女性セブン」(小学館)が報じた記事では、葉加瀬と年上女性の路上キス写真を掲載。葉加瀬が「愛人になればいいんだよ。100%愛人に精力を注ぐ。金も時間も全部使いたい」「そっちの家庭をなんとかしてくれないと」と女性に離婚を勧めていたというものだ

 - Uncategorized