女子アナjournal

女子アナウンサーのトレンドサイト

“7時28分の恋人”元NHKお天気お姉さん半井小絵が女優に意欲?

   

・NHKの7時のニュースでお天気コーナーを担当し、“7時28分の恋人”などと人気になっていた気象予報士の半井小絵さん

「7時28分の恋人」と呼ばれ中高年を中心に人気に鳴っていた半井さん

NHKの「ニュース7」でお天気キャスターを努め、「7時28分の恋人」と称され高い人気を博した半井小絵さん(41)

関西学院大学卒業後、日本銀行大阪支店に入行した半井は、2001年、在職中に気象予報士の資格を取得。財団法人日本協会に就職し、2002年からNHK総合テレビで関東・甲信越ローカルの気象情報を担当

2004年から7年間は、「ニュース7」の天気予報を担当し、その登場時間から「午後7時28分の恋人」として話題に

清楚な半井スマイルとテンポのいい解説で、中高年男性のハートを射止めていた

・当時の紅白に出演するなど話題だった半井さん

気象予報士としては異例となる紅白出演も話題に

半井小絵さんは気象予報士として、翌日、元旦の日本の主要都市の気象情報と初日の出を見られる時刻を解説

当時は1日に10通以上もファンレターが届く人気で、紅白の両肩を露出したドレス姿はその色っぽさが話題にのぼった

また毎年暮れに発売されるNHKの気象予報士が総出演するカレンダーにも登場し、彼女が掲載された月は特に好評を博した

・が、2011年の不倫疑惑を機に番組を降板

不倫疑惑を契機に、番組を降板していた半井さん

そんな半井さんに、降って沸いた不倫疑惑が襲った。週刊文春の2011年2月9日発売号が、テキサス・レンジャーズに日ハムから移籍した建山義紀投手との不倫を報じた

週刊文春によると建山投手と知り合ったのは2010年8月、プロ野球関係者とNHK関係者の飲み会の席。建山投手は妻子とともに渡米しているが、同誌は、渡米前の自主トレ期間中に密会していたとも報道

半井さんは、2011年2月に、週刊誌でスポーツ選手との不倫疑惑が報じられ、その後、契約満了で担当していたニュース番組を降板

当時NHKの広報担当者は、取材に対し、「半井さんの卒業は、1月に決まっており、今回のこととは関係ありません」と否定。完全デジタル化で番組を一新するため、新しい気象予報士に依頼することにしたと説明

NHKは因果関係を否定しているものの、降板後の仕事に少なからず影響を与えたことは間違いない

・その後は、講演活動をするなどメディアにはあまり姿を現してはいなかった

現在は気象に関する講演活動を中心に活動しているという

2011年4月に降板後は、各地で気象・防災などの講演会やレポーターなどを中心に活動

2012年に女性キャスターを中心とした芸能事務所セント・フォースに移籍

2012年の4月からは深夜バラエティ『フジテレビに出たい人TV』に出演、だが、それが長く続くことはなく半年後に同番組が終了すると目立った芸能活動はなくなり、さらにこの7月で同事務所を退社

・その半井さんが2014年11月に初の写真集を発売

NHK『ニュース7』の元気象情報担当で気象予報士の半井小絵が、ファースト写真集『雲の向こうへ』を発売

 - Uncategorized