女子アナjournal

女子アナウンサーのトレンドサイト

懐かし可愛い!タモリを支えてきたMステ歴代美人女子アナたち

   

初代・中原理恵(1986年10月24日〜1987日12月25日、約1年2か月)

中原理恵(なかはら りえ、1958年6月17日)は、日本の元歌手・女優・タレント・司会者。

関口宏と中原理恵の司会で始まった86年10月

初期の司会はタモリさんではなく関口宏さんだったんですね!驚き!

年末には、第20回日本レコード大賞新人賞など数々の新人賞を受賞し、第29回NHK紅白歌合戦にも「東京ららばい」で出場。

2代目・松井康真(1988年1月8日〜1990月3月23日、約2年2か月)

松井 康真(まつい やすまさ、1963年3月13日)は、テレビ朝日報道局社員で元アナウンサー

2011年7月1日から報道局ニュースセンター経済部に所属し、経済部の原発担当デスクを経て、2012年4月現在は社会部原発担当である。

『ニュースステーション』スポーツキャスター就任後は半年間当番組と兼務したそうです。

3代目・生島ヒロシ(1990.4.13〜1993.9.24、約3年5か月)

生島 ヒロシ(いくしま ひろし、1950年12月24日)は、日本のアナウンサー、タレント、ファイナンシャルプランナー。東北福祉大学客員教授。

タモリと共に当時の司会だった生島ヒロシが興奮したのか本番中に左の鼻の穴から血が流れる。その後は鼻の穴に綿を詰めて進行。翌週の槇原敬之とのトークではCDの売れ行き状況を「鼻血が出そうな勢いですね」と自虐的なコメントをする。

4代目・有賀さつき(1993年10月15日〜1996年3月22日、約2年5か月)

有賀 さつき(ありが さつき、1965年9月9日)は、愛知県名古屋市生まれ[1]のタレント、元フジテレビアナウンサー。大学講師。

5代目・下平さやか(1996年4月5日〜2000年3月31日、約4年)

下平 さやか(しもひら さやか、1973年2月12日)は、テレビ朝日のアナウンサー。東京都新宿区出身。早稲田大学卒。

現在、下平さやかは「サンデースクランブル」に出演。その他、「やじうまプラス」や「Mステ」も担当していました。

下平アナは「私は(番組で)失敗という失敗がなく、この場で面白い話が出来ないのが失敗かも」

個人的に大好きなアーティストがゲストのとき、仕事だからちゃんと話さないといけないのに、緊張して直視できなくてたいへんでした。

下平は、入社2年目で『ミュージックステーション』のサブ司会に抜擢され、将来を期待されました。テレ朝の看板番組『トゥナイト2』などでも活躍し、バラエティ番組では機転をうまく利かせられるし、生放送での対応能力も見事で、まさにテレ朝のエースでした。しかし、1999年にSMAPの中居正広との熱愛が発覚。これにジャニーズ事務所側が激怒し、『Mステ』のサブ司会も2000年3月限りで降板

若い人はほとんどが知らないでしょう

6代目・武内絵美(2000年4月14日〜2004年3月12日、約3年11か月)

 - Uncategorized